【ポリピュアEX/副作用】副作用がほとんどない安全性の高い育毛剤で安心!

【ポリピュアEX/副作用】副作用がほとんどない安全性の高い育毛剤で安心!

【ポリピュアEX/副作用】副作用がほとんどないので安心!安全性が高い3つの秘訣!

 

ポリピュアEXはほとんど副作用がないことでも評価が高く、安心できる育毛剤であると評判になっています。

10年以上販売されている育毛剤であるのにも関わらず、副作用の報告がほとんどありません。

ポリピュアEXの安全性の高さには3つの秘訣があります。その秘訣はこちら。

 

  1. 4つの厳しい品質管理基準で安全を守っている
  2. 副作用を考慮した素材選びの特徴がある
  3. 医薬部外品なので有効成分あり・副作用ほとんどない!

 

関連ページ:【2019年最新版】ポリピュアEXの口コミ!圧倒的な評価と効果で450万本の売上!

 

 

ポリピュアEXは4つの厳しい品質管理基準で安全を守っている

ポリピュアEXは低刺激に徹底的にこだわっており、頭皮や頭髪について安全であることを最優先で開発・研究されています。

刺激による副作用を防ぐために、さまざまな品質管理基準を設けて、チェックテストによって安全性を検証しています。

 

①ポリピュアEXによる「赤み・腫れ」の確認

敏感肌対応パッチテスト:24時間単回皮膚接触による一次刺激性を確認し、皮膚科専門医が判定・評価する試験。

 

②ポリピュアEXによる「かゆみ・ヒリヒリ感」の確認

スティンギングテスト:皮膚科専門医による皮膚反応の有無を確認後、感覚刺激を被験者が評価する試験。

 

③ポリピュアEXによる「アレルギー反応」の確認

アレルギーテスト:24時間閉塞パッチテストを複数回行い、ヒトでの累積刺激反応を観察後、皮膚科専門医が判定・評価する試験。

 

④ポリピュアEXによる「セシウム-134、セシウム-137、ヨウ素-131」の確認

放射性物質検査:放射性物質基準値に対してNAl(TI)シンチレーションスペクトロメーター法によるスクリーニング試験で検出を判断する試験。

S2リサーチラボ調べ AMA Laboratories調べ (一財)日本食品分析センター調べ 公式HPより

 

ポリピュアEXは以上の副作用や安全性を確認するためのテストをクリアしているため、実際に副作用が報告されることなく、安全が評価されていることがわかります。

この時点で、「赤み・腫れ、かゆみ・ヒリヒリ感・アレルギー反応」の副作用が起こることはかなり可能性が低くなるといえます。

品質基準管理が徹底されており、私たち使用者の安全が守られていることを実感することができます。

 

 

ポリピュアEXは副作用を考慮した素材選びの特徴がある

ポリピュアEXは安全性のための品質基準管理をするだけでなく、副作用を考慮した素材選びから大切にしています。

  1. 香料不使用
  2. 着色料不使用
  3. 鉱物油不使用
  4. 石油系界面活性剤不使用
  5. パラベン不使用

 

これらの素材には副作用があります。素材の細かな種類によっても副作用の内容や効果は違いますが、素材次第では命に関わる危険性を持ち合わせています。

ポリピュアEXはわずかな危険でさえも、厳格に安全性への対応を行なっているため、以上の素材の使用をしておりません。

これらの素材は使用していけないものではないため、他のメーカーの育毛剤では素材として使用されているケースもあります。

副作用は恐ろしい結果を招くことがありますので、安全性の高いポリピュアEXを使用することをおすすめします!

 

 

ポリピュアEXは医薬部外品なので副作用がほとんどない!

 

ポリピュアEXは医薬部外品なので副作用がほとんどありません。副作用がないのにも関わらず、有効成分が含まれている育毛剤です!

安心して使えます!

一度他の医薬品を使用しましたが、頭皮がかゆくなったり鏡を見て逆に薄くなった感じがしてやめました。

ポリピュアEXを使用してみたところ、こちらの商品は副作用の心配もなく、液もサラッとしているので安心して継続して使っていけそうです。 (楽天市場)50代 男性

 

医薬品の場合は、効果の期待も大きい反面、副作用も大きいことがあります。

副作用が大きいだけあって、じぶんに合う薬、合わない薬がよくあります。

まさに、この口コミの方は体質に合わなかったようです。

 

ポリピュアEXでは、医薬部外品で有効成分が含まれており効果があるものの、副作用がほとんどないので、いいところどりの、安心して使える育毛剤といえます。

育毛剤使ってみたくて悩んでいる人が、まず気軽に試してみるのにもぴったりです!

ポリピュアEXは副作用がほとんどないだけでなく、さらっとして使用しやすいのも特徴になっていて、長期間継続して使う必要がある育毛剤では重要なポイントになっています。

だからこそ、悩みの解決のため使い続けている愛用者がたくさんいます!

 

 

 

【ポリピュアEX/副作用】育毛剤の副作用の症状とは?一般的によくある症状と危険性

一般的な育毛剤による副作用としてよく知られている代表的な症状として以下のようなものがあります。

 

  1. かゆみ
  2. 発疹・湿疹
  3. 腫れ
  4. 髪が抜ける(余計抜ける)
  5. ふけ

 

このような症状以外にもたくさんの副作用があります。

副作用とは期待する効果以外の望ましくない作用をいいますが、育毛剤の場合はそれが頭皮に現れることが多く、頭皮に現れる場合それが毛髪に悪影響を与えることがよくあります。

薄毛や抜け毛のために育毛剤の利用をはじめて、副作用で髪が抜けてしまうと本末転倒になりかねません。

刺激の強い育毛剤や副作用の恐れが大きい育毛剤では、ひどい副作用に見舞われて取り返しがつかないほどの副作用に苦労した人もいます。

育毛剤における副作用の恐ろしさと安全の重要性がよくわかります。

 

   

 

薬用ポリピュアEXは副作用が少なく、かゆみ・匂い・ハゲるなど、皮膚トラブルの心配も不要

ポリピュアEXをまだ使用しなことがない人たちからは「かゆみ・匂い・ハゲる」などの副作用がないのか、心配の声が上がっています。

しかし、冒頭ではポリピュアEXが品質管理に優れており、副作用がほとんどないことを紹介した通り、口コミでもほとんど副作用の報告がありません。

他の育毛剤では、副作用に敏感になりながら、体質にあうかどうか探る必要がありますし、育毛剤の使用を検討する際に慎重になることでしょう。

ポリピュアEXでは、実績があるからこそ、気軽に使ってみることができます。もちろん、その後副作用が起こる人がほとんどいないため、結果的に長期的に継続して使用していただけております。

 

一方で副作用に関しては、絶対に作用しないということも言い切ることができません。

万が一副作用の症状がでた場合は、使用中止とかかりつけの医師にみてもらうことをおすすめします。

 

そもそも、ポリピュアEXでは、他の育毛剤では副作用である「かゆみ・ふけ」などに対しても、効果・効能として有効です。

つまり、副作用として恐れる以前に、ポリピュアEXは「かゆみ・ふけ」がある状態で、改善方向に作用させるんですね。育毛効果を発揮しながら、かゆみやふけにも有効に作用する。頭皮環境を整える働きがあるということがわかります。

 

 

一般的な育毛剤に可能性がある副作用

一般的な育毛剤を使用した際に副作用がでることがあります。副作用のでる部位や症状は様々ですが、大きく分けて5つに分類することができます。

 

  1. 肌に影響する副作用
  2. 髪の毛に影響する副作用
  3. 使用感に関する副作用
  4. 刺激を伴う副作用
  5. 体調に影響する副作用

 

それぞれの副作用は程度によっても危険性やダメージは異なりますが、気にする程でもない副作用から、体に致命的な影響を与える副作用まであります。

一般的に育毛剤を使用した場合に、どのような副作用がでる可能性があるかを把握しておくことで、副作用の危険に備えることができますし、対応することができます。

 

 

肌に影響する副作用

  1. かゆみ・腫れ・赤み
  2. 肌荒れ
  3. ニキビ・できもの

 

副作用の中では一番起こりやすく、危険性も高くはありませんが、場合によっては副作用を発端に悪化したり、悪い状態が続く事もありますので注意が必要です。

 

 

 頭皮や毛髪に影響する副作用

  1. 薄くなった・ハゲた
  2. ふけがでやすくなった
  3. 髪の毛が細くなった
  4. 抜ける量が増えた

 

頭皮や頭髪に影響する副作用は、メインの悩みである育毛を阻害するどころでなく、むしろ逆方向に働くため、致命的ともいえます。

副作用の影響が大きくでる場合、回復まで時間がかかることが多いため、すぐに使用をやめて対策をする必要があります。

本末転倒を通りこえて、逆効果に働く恐ろしい状態になります。

育毛剤の使用しはじめに、注意して気にしておくことで、すぐに副作用に気がつくことができます。

 

 

使用感に関する副作用

  1. 臭い
  2. べたつく
  3. パサつき・ごわつき・パリパリ

 

使用感に関する副作用は、危険性は一番低いですが、気になるタイプの副作用です。

育毛剤は朝晩の2回使用することが一般的であるため、朝に育毛剤を使用して家の外に出るときに、匂いが臭かったりきつかったりすると、かなり困りますし使えなくなります。

また、育毛剤の使用で髪のべたつき・パサつき・ごわつき・パリパリが起こると、継続して使用していくことが難しくなります。使用感があまりにも悪いと使用自体がストレスになり、育毛にもよくありません。

使用感の使いやすい育毛剤も選び方のポイントになります。

 

 

刺激を伴う副作用

  1. 育毛剤を使用するとヒリヒリする
  2. 育毛剤を使用するとズキズキする

 

育毛剤の中でも刺激の強いものがあり、使用したときに強くヒリヒリを感じる場合があります。もともと刺激が強いため多少のヒリヒリは想定内の場合が多いですが、念のため気になるヒリヒリの場合は使用を止める必要があります。

また、使用したときにズキズキ感じたときはすぐに使用をやめましょう。ズキズキする場合は、基本的にじぶんの頭皮がかなり傷ついている可能性が高いです。刺激が強い育毛剤と頭皮環境が悪いときにズキズキなどの過剰な刺激を起きたら、使用を控えて対策や方法を考えましょう。

 

 

体調に影響する副作用

  1. 頭痛
  2. めまい
  3. 下痢
  4. 動悸
  5. むくみ
  6. 血圧異常
  7. ホルモンバランスの乱れ
  8. 前立腺肥大
  9. ED
  10. 男性不妊

 

育毛剤が体調に与える副作用の種類は多岐に渡ります。そして、かなり致命的で危険性の高い副作用が多くあることがわかります。

頭痛・めまい・下痢・動悸・むくみ・血圧異常は健康的な生活の妨げになるどころか、他の病気を合併で引き起こす可能性もあり大変危険です。すぐにやめて、かかりつけの医師の診察を受ける必要があります。

ホルモンバランスの乱れ・前立腺肥大・ED・男性不妊に関しては、生殖機能に悪影響があるため、状態は深刻となります。もっとも避けたい副作用の種類でもあります。以上の症状を日常で経験したときは育毛剤を疑ってみましょう。

 

 

 

【ポリピュアEX/副作用】副作用が気になるなら安全性の高いポリピュアEXを選ぶべき!

医療機関での治療に抵抗がある人、薬が嫌いな人ってたくさんいるんじゃないでしょうか。

実はじぶんも病院での治療に抵抗があり、あまり病院に行きたくない人々の中のひとりです。

以前、病院で処方された薬が体に合わなくて、副作用がひどくて嘔吐を繰り返してたことがあります。それからというもの、医薬品とその副作用についてかなり確認するようになりました。

今でも、あのような辛い副作用の体験はしたくないと鮮明に思い出します。

 

病院に抵抗があり、副作用が大きい医薬品の使用を避けたい人は、医薬部外品がおすすめです。医薬品と医薬部外品についての違いは、後ほど詳しく説明させていただきますが、ポリピュアEXは医薬部外品であるため安心な育毛剤です。

医薬品は効果を大きく期待することができますが、副作用も大きいところが問題です。医薬部外品は効果の期待も多少減りますが、副作用のリスクがほとんどなくなります。

もちろん、効果の大小は重要であるため育毛剤の選択をするときに大きな基準となることが多いですが、それ以上に大事なのは副作用の大小です。

効果によって薄毛や抜け毛がどのように改善されるかよりも、副作用によってどのような状態になる可能性があるのかを想定しておくのも重要であるということです。

 

 

副作用の最悪の症状を想定しておくべき

副作用で「頭痛・めまい・下痢・動悸・むくみ・血圧異常・ホルモンバランスの乱れ・前立腺肥大・ED・男性不妊」このような症状を患ったらどうでしょうか。

かといって、副作用を恐れて全く治療を行なわなかったらどうでしょうか。薄毛や抜け毛はさらに進行し、悩みは深くなる一方です。

育毛剤選びで大切なポイントは「副作用の種類とその程度」です。

絶対に許容できない副作用と、作用がでたら対策を考えればいい副作用があると思います。じぶんでその種類と作用の程度を想定して育毛剤を選びましょう。

購入前から、ある程度は副作用による最悪の症状を想定することができるかと思います。

 

 

 

【ポリピュアEX/副作用】ポリピュアEXは副作用がなぜ大丈夫なの?医薬部外品だから安心の理由!

ポリピュアEXは医薬部外品で安全だから大丈夫と繰り返してきましたが、なぜ医薬部外品だから大丈夫なのでしょうか。

実は、スキンケア商品は厚生労働省の管轄で管理されており、有効成分と副作用の違いにより「医薬品・医薬部外品・化粧品」に分類されます。

育毛剤は深刻な副作用から、程度の低い副作用まで様々ですが、使用者が副作用の程度を判断できずに購入してしまったり、知らないまま副作用の強い育毛剤を使ってしまったりすることは危険であるため、「医薬品・医薬部外品・化粧品」の分類で守られています。

 

 

ポリピュアEXは副作用の少ない医薬部外品!育毛剤の分類による副作用の違いとは

「医薬品・医薬部外品・化粧品」の分類で副作用の種類や程度が明確に分かれています。

医薬部外品であるポリピュアEXは副作用がほとんどでない分類である上に、独自の安全品質管理基準を定めています。実際の使用者からもほとんど副作用の報告もないため、安全性が高く、副作用がほとんどないことがわかります。

それでは、医薬品などの副作用はどんな種類や程度があるのでしょうか。

 

 

【医薬品】:副作用は大きい

 

医薬品は、病気の「治療」を目的とした薬のことで、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められています。

その分、副作用が大きく、用法用量を守らなかったり、使い方を誤ってしまうととても危険であるため、購入方法も厳格に管理されています。

医薬品は2分類されており、医薬品(医療用医薬品)は医師による処方せんが必要で、薬局にて薬剤師から購入します。また、医薬品(一般用医薬品)は「薬局」や「薬店・ドラッグストア」にて薬剤師等の薬の専門家の助言を得て自らの判断で購入することが可能です。

何れにしても、副作用が大きいため、自らの判断で使用を検討する必要があります。

育毛剤における医薬品も副作用が大きく危険ですので、使用する際は必ず検討の上で判断する必要があります。

 

 

育毛剤・医薬品:「ミノキシジル」の副作用

  1.     かゆみ・発疹
  2.     蕁麻疹・皮膚炎
  3.     心機能・血圧の異常
  4.     脱毛
  5.     発熱・吐気・動悸・嘔吐

 

ミノキシジルは育毛剤の中ではもっとも有名ですが、血圧系の副作用で恐れられていることでも有名です。

もともと、ミノキシジルは血圧を下げる薬として利用されていましたが、発毛効果も認められたことから、現在では育毛剤・発毛剤に利用されています。

しかし、こちらで取り上げているように、ミノキシジルの服用で血圧が低下する副作用がでる可能性があります。血圧が低下すると、めまい・吐き気・貧血などが起こる可能性もあります。

ミノキシジルの副作用は体に負荷をかける影響を与えるので注意が必要です。

 

 

育毛剤・医薬品:「フィナステリド」の副作用

  1. ホルモンの影響を受ける男性機能の低下
  2. リビドー(性欲)減退
  3. 肝機能

 

妊娠中の女性では男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあるため、絶対に女性は服用してはいけません。フィナステリドは男性専用の育毛剤です。

フィナステリドは男性ホルモンに影響を与えるため、ホルモンの影響を受ける男性機能に大きな支障がでます。   

特に妊娠を検討している夫婦の間では大きな問題となるため、使用を控えたほうがよさそうです。副作用によるリスクを十分に考えてから使用するようにしましょう。

 

 

育毛剤・医薬品:「デュタステリド」の副作用

  1. 勃起不全
  2. リビドー(性欲)減退
  3. 精液量減少
  4. ホルモン分泌が影響する男性機能障害

 

デュタステリドも女性への効果は認められていないため、男性専用となります。男性ホルモンに影響を与え、AGAの進行に効果を与えることができますが、男性らしくあるための機能に障害がでる副作用を持っています。

副作用による脱毛を体験した方もいるようで、副作用のリスクを負って、確実に育毛・発毛の効果を得られるわけではありません。

副作用が恐ろしくて、ちょっと使ってみる勇気がでません。

 

 

育毛剤・医薬品:「塩化カルプロニウム」の副作用

  1. 発汗、悪寒、刺激症状、かゆみ
  2. 接触皮膚炎
  3. 血流が関係する体温調節機能や胃腸の症状

 

塩化カルプロニウムでは血行促進により、栄養分を髪の毛をつくるところに届けるメカニズムであるため、血行促進の副作用として「かゆみ・皮膚炎・体温調節機能などに影響を与えるようです。

程度にもよりますが、男性機能の程よりはマシだと思うのはじぶんだけでしょうか・・

いずれにしても、大きな効果を得ようとするときには、大きな副作用がつきまとうことがわかります。

 

以上が発毛剤として認められている育毛剤の医薬品です。効果を期待することもできそうですが、副作用も大きいため、副作用のリスクを十分に理解してから使用するようにしてください。

医師からの処方があっても最終的な使用判断はじぶんになります。大きな効果を狙って、副作用に苦しむことになるくらいであれな、医薬部外品を使用するのも選択肢にあります。

 

 

【医薬部外品】:副作用は暖和(ほとんどない)

 

医薬部外品は、医薬分とは違い、厚生労働省が認めている有効成分が、一定の濃度で配合されています。濃度の制限などにより、副作用もほとんどでない基準で定められているため、安心して使うことができます。

有効成分が含まれているので、「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」「皮膚の殺菌」など、効果を期待することができます。

また「薬用=医薬部外品」であり、「薬局」や「薬店・ドラッグストア」以外のどこでも購入可能となっています。

 

医薬部外品における有効成分種類はかなり多いので、ポリピュアEXに使用されている4つの有効成分について、副作用の解説を行なっていきます。

 

 

ポリピュアEX:「ニンジン抽出液」の副作用

  1. 発疹・発赤・かゆみ

ニンジン抽出液では、血行促進により、「発疹・発赤・かゆみ」が副作用としてでてくる可能性があります。

血行促進が起こると肌はかゆみを感じやすくなるので、かゆみがでる可能性があります。

アレルギーによるかゆみとは程度が違うので、アレルギーによるかゆみであるのか、血行促進によるかゆみであるのか判断がつけば、適当な対応をすることができますね。

 

 

ポリピュアEX:「センブリエキス」の副作用

  1. かゆみ

 

センブリエキスによる副作用はほとんど報告されたことがありませんが、効能として血行促進があります。

ニンジン抽出液と同じように、血行促進によりかゆみがであることがありますが、その症状も稀であるようです。

 

 

ポリピュアEX:「グリチルリチン酸ジカリウム」の副作用

  1. 肌荒れ

 

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用や抗アレルギー作用として使用するため、幅広く使われていますが、副作用の報告はこちらもほとんどありません。

副作用に何があるのかの調査が難航するくらいありませんでした・・

中には、抗炎症作用の働き方が体質に合わず、逆に肌荒れがおきたとの報告がありました。こちらの肌荒れが、グリチルリチン酸ジカリウムによる副作用であるのかが定かではありませんが、副作用として可能性があるので、頭には入れておくべきかもしれません。

 

 

ポリピュアEX:「パントテニルエチルエーテル」の副作用

  1. 接触皮膚炎

 

こちらも抗炎症作用がありますが、パントテニルエチルエーテルから変換されるパントテン酸は水溶ビタミンなので過剰摂取してもすぐに体外へ排出されます。

こちらも、、副作用の報告はありません。

しかし、ヒノキチオールとパントテニルエチルエーテルの含まれる育毛剤で2件ほど、接触皮膚炎の報告がありました。こちらが、併用で起こった副作用であるのか、どちらか一方の服用であるのかは、文献を当たりましたが不明でしたので、副作用として起こる可能性があると考えておくべきかもしれません。

 

以上が、ポリピュアEXの4つの有効成分の副作用ですが、ほとんど副作用がないこと・報告されていないことがわかると思います。安全性が高いことに変わりはありませんが、効果がある以上副作用が100%ないといいきることはできないので、いつでも副作用を頭に入れておきましょう。

 

 

【化粧品】:副作用はさらに緩和

 

医薬部外品と比較してもさらに効果も副作用も緩和です。治療ではなく、清潔・美化・魅力・健やかに保つなどの目的が主となっています。

化粧品は「薬局」や「薬店・ドラッグストア」以外、どこでも購入可能です。

有効成分として認められているものは含まれていないため、副作用もありません。

しかし、含まれている成分が体質に合わない可能性や、アレルギーを引き起こす可能性があるという観点からは、副作用がないと言いきれないので、常に副作用の症状に備えておくようにしておきましょう。

 

 

 

【ポリピュアEX/副作用】ポリピュアEXを使用して万が一副作用がでたときの対処法

ポリピュアEXやそのほかの育毛剤を使用して、万が一副作用がでてしまったときには、すぐに使用を中止して、かかりつけの病院で先生に診てもらうようにしましょう。

 

  1. 「頭皮トラブル」かゆみ・かぶれ・フケなどの症状が出た場合には、「皮膚科」へかかりましょう。
  2. 「体の不調」動悸や発熱、男性機能の異常の症状がでた場合には、「内科」へかかりましょう。

 

副作用に関しても、すばやい判断と治療が必要です。

副作用は薬を使用する上では、避けて通ることができません。しかし、あらかじめ、医薬部外品であり、安全が評価されているポリピュアEXを使用することで、ほとんどの副作用をよけて通ることはできます。

育毛剤選びをするときには、効果の大小よりも、副作用の大小が大事ですので、参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました